ジムの選び方。筋トレ初心者でも「続けるため」の大事なコツも12個教えます。

ジムに会員登録したのに、

  • 全然続かなかった。
  • 挫折した

と言う話はめちゃくちゃ多く聞きます。

辞めようとすると事務的な手続きが必要だし。
今は行く気が起きないけど、少し経てばまたモチベーション上がって通う”と思う”から、このまま会員のままで良いや!

と思いつつも、気がつけば半年、1年、2年…とずっと通わなくなった。

結局、会費だけが無駄に毎月引き落とされる虚しい状態。。。

これからジムに通いたいけど、続くかどうか不安(・ε・`)
とお悩みの方へ。幽霊会員になってしまわないための大事なこと。

それには最初の「ジムの選び方」がかなり大事です!

折角ジムに通うと言う前向きな気持ちになったのだから、出来る限り継続したいものですね!

ここでは人生でジム通い歴10年になる管理人ばら肉が、これからジム活を始める初心者向けに…

続けるためのジムの選び方のコツを紹介していきます。


スポンサーリンク

何よりも大事なのはジムの場所ダ!

ジムの選び方。筋トレ初心者でも「続けるため」の大事なコツも12個教えます。

筋トレ初心者が続けて行くためのジムの選び方で、最も重要とも言える要素がコレ。

通う場所です!

  1. 自宅周辺
  2. 勤務先周辺
  3. 通勤・移動ルート上
  4. 車通勤の場合は通勤ルート付近、かつ停めやすい!

に複数ジムがあるような都会住みの方は絶対にこれら該当のロケーションが良い。

この中でも最もオススメなのは自宅周辺

平日も休日も、基本的に必ず過ごすことになるのは「自宅」だからだ。

自転車を持っているなら、自転車で行ける距離のジムを選びたい。

基準は人によりけりだが、15分以内に着ける場所が良いだろうか?

それ以上になると遠く感じるので、モチベーションによっては、通うのが面倒に感じだす可能性が高くなる。

自宅から最寄り駅まで自転車通勤するなら、その通勤ルートから大きく外れない所が良いですね。

後述する、

  • 職場~職場最寄り駅付近
  • 通勤で通る途中駅の近場

よりも、自宅付近のほうがオススメだと思います。

自宅周辺のジムがオススメの理由①すぐに帰りつける。

ジム活が終わればすぐに自宅に帰りつける。ということ。

筋トレでクタクタになっても、ゴールが目の前にあるように感じる。

また、筋トレで汗かいた場合、

  • ジムでシャワーを浴びて帰ってもいいし
  • 帰宅してから入浴ても良い

この選択肢があるのって、通ってみると分かるけど、結構便利だったりするよ。

夏場は自宅から遠いと、通勤中に汗かいた場合、また入り直さないといけないからね。

自宅周辺のジムがオススメの理由②休日でも楽々行ける。

職場付近に通うとなると、出勤日は良いけど、休日はそこまで行かないといけなくなり、モチベ低下の原因になりえます。

自宅付近なら、自転車漕げばすぐなので、行く気持ちが湧き易いですね。

ただ、自宅がローカルな場所となると、見つからない人もいますよね。

次にオススメのロケーションが…

次にオススメ:職場付近で探す

自宅付近にジムがない場合、次にオススメなのが職場~職場最寄り駅付近のジムです。

ある程度大きい駅が最寄りなら、今やジムの店舗数はどんどん増えており、1軒くらいは見つかる可能性が高いです。

急行が止まるような駅なら大体見つかるでしょう。

先述の通り、休日は少し時間を掛けて通う必要があります。

しかし、ジムの周囲にはショッピング施設が並んでいることも多く、買い物ついでの気持ちで通えばモチベーションが保てるかもしれませんね。

筋トレ後はぜひサラダチキンを買って食いましょう/(^o^)\

じゃあ、地元、職場の周囲どちらにもジムがない場合はどうしましょうか?

オススメ3:通勤で通る途中駅の近場

次の候補はコレ。

途中の駅で、近場にジムがあるならそこがよろしい。

途中下車しないと行けないため、定期券などがあることが勧められます。

車通勤の場合、車の停めやすさが大事!

ここまで電車通勤の方を対象に話してきましたが、
車通勤の場合どうするか?

通勤ルート上からできるだけ外れない方が良い点では電車通勤と同じです。

車の場合は、楽に駐車できるスペースがジムの近くにある店舗の方が良いですね。

国道沿いにあるようなジムほど、駐車場も併設されていることが多いでしょう。
逆にローカルなエリアや、大都市の中心には設置されていないこともあります。

また、ジム会員は駐車代が免除という場所もあるので、その辺を調べておくと予算が浮きますね。

車で移動する分、徒歩や自転車よりは遠距離まで行けるので、探すのは楽になりそうです。


スポンサーリンク

ジムの営業時間内に、安定して通えますか?

続いて大事なのがジムの営業時間。

場所と同じくらい重要な要素。行きたいと思っている曜日、時間に余裕を持って営業している店舗を選ぼう。

朝活派の場合

例えば貴方が、仕事が9時から始まるので、7時半から8時半まで朝トレしてから出勤したい。
朝活派の場合ですね。

と思っていても、ジムの開店時間が9時~ならば、仕事前ジム通いは当然できないですよね?

この辺の営業時間をチェックしておきたい。

大手ジムは9時前後会館が多い傾向かなぁ。
リーズナブル24時間ジムの方が(当然24時間なので)行きやすい気はする。

あなたがジム通いしたい曜日と休館日

大手ジムの場合、週1回程度は休館日がある店舗も少なくないです。

ノー残業デーの水曜日は必ずジムへ行きたいのに、水曜日が休館日だと全く通えなくなりますね。

その辺も要チェックしよう。

夜の閉館時間も要チェック

営業時間は、平日なら大体22時~24時くらいまでやってることが多いです。

  • 会社の終業は5時
  • 2時間残業
  • 通勤1時間

と考えれば、自宅付近側のジムに着けるのは20時頃。
22時閉館ならギリギリと言ったところでしょうか?

終電近くまで残業をするような会社なら…
それ健康面でかなりヤバいから転職考えた方が良いよ?

大手ジムの場合、土日は平日よりもやや早めに閉館する傾向にあります。

  • 平日23時まで
  • 土曜日21時まで
  • 日曜日19時まで

というジムもあります。
土日の夜気合入れてやるんや!って人は注意が必要!

24時間営業のジムに行くのでしたら、この点は特に心配しなくて大丈夫です。

月会費

3つめの重要事項は、月会費。つまりはあなたが出せる予算ですね。

大雑把に言えばこんな感じ。

ジムの形式 目安会費
①プライベートジム 1時間で3,000~
平均6,000円
②大手の何でもできるジム 月5,000~15,000円
平均10,000円
③大手ではない、小規模経営のジム 月6,000~10,000円
④24時間、どの店舗も行けるジム 月6,000~8,000円
⑤公営のジム 1回で~数百円程度
300~500円くらい?

上の項目ほど、会費は高くなる傾向にあります。

プライベートジムは、個別にトレーナーがつくため、値段が非常に高い。
けどその分、質の良いトレーニングに加えて栄養学的な指導までしっかり教えてもらえる。

お金には困らないよーって方ならどうぞ。

大手ジムは大きくバラツキがありますが、
これは、色々な会員種別があるから。

いつでも&どの店舗で行ける会員ほど高く、時間、曜日を縛るほど安くなります。

で、どこがオススメなんですか?

出せる予算の範囲内で、って条件が付きますが…

筋トレ初心者であるなら、トレーナーからアドバイスが受けられやすい大手ジムの方が良いかな?

筋トレは正しいフォームで行えば、筋力UPに高い効果を発揮しますが、
逆に間違ったフォームで行うと、関節などどこかしら痛めてしまい、怪我の原因にもなります。それを防ぐため。

ある程度正しいフォームを身に着けて、動かし方も安定してきたら、そこで改めて判断するのも良いかも?

大手ジムで継続するか、リーズナブル24時間ジムに移転するか?

どちらにも良いところ、悪いところがあります。

ここでは簡単にまとめると…

大手ジムの良いところ

  • 施設が充実している=マシンからプール、風呂、サウナ、スタジオまで一通りある。
  • トレーナーから、基本的なトレーニング方法は教えて貰える(細かい指導は別途料金)
  • 大手だけあって、施設が広め。
  • 出会いのキッカケがある…かもしれない

大手ジムの悪いところ

  • 休館日が週に1日程度はある。
  • 朝から夜の営業時間なので、深夜や早朝は使えない。
  • 月会費が高め。10,000円前後は掛かる。

リーズナブル24時間ジムの良いところ

  • 文字通り24時間営業である。
  • 月会費が安い。7,000円程度
  • 月会費だけで、全国の店舗が使用可能な店が多い
  • 土足のままトレーニングができる店が多い。

リーズナブル24時間ジムの悪いところ

  • スタッフは居るが、保守目的程度で、指導等は基本別料金
  • 大手のような風呂、サウナ、スタジオは無い。マシン、フリーウエイトが殆ど。(マシン数は大手より多め)
  • マッチョ率がかなり高い(やや吠える人や、器具を雑に扱う人が多め)

といった感じですね。

フォームが安定してきて、さらに、自分は筋トレだけ出来れば問題ない!
あと、周りの環境や人との関わりは気にならない。

って人ならリーズナブル24時間ジムの方がオススメ。

もう少し詳しめに、別途記事を書こうと思います。

ネットの評判も一応見ておこう

とりあえずここまでで…

  • ジムの場所
  • 営業時間
  • 月会費

この3つ。実際に見学に行くまでに、ネット等で知ることが出来ます。

あとは、ネットでの口コミも目を通しておくと良いだろう。

検索ワードとしては…

  1. ジム名
  2. 店舗の地名
  3. 口コミ、評判

の3つを入れれば大体出てきます。

大多数の書き込みが悪いコメントの場合は見送った方が良いですね。

見ておくポイントとしては、

  • マシンのメンテの速さ
  • 風呂、手洗いの綺麗さ
  • 会員の質(マシン独占してる人が目立つ?とか)
  • そういう人をスタッフは注意してるか

といった感じですね。

ここまでで、行きたいジムが決まりました。

次は、ジムの中身を見るために、必ず見学しましょう。

どこを見れば良いのかを詳しく紹介していきます。


スポンサーリンク

見学時に見ておきたい!聞いておきたい!

ここからは、ジム内を実際に見せてもらい、判断していきましょう。

まずは見学する時間。混み具合をチェックしたい!

貴方がよく行くと思われる、特に時間帯を合わせておくほうが良いです。
(20時辺りからジム行くなら、20時辺りに見学する。)

その理由は、混み具合を探るため。

ジムによっては、

  • 混雑する時間帯
  • 比較的空いている時間帯

があります。

地域によって違いはあるものの、大体18~21時くらいが混みやすい傾向にあります。

当然って言えば当然ですが、空いている方がオススメである。使いたい施設が使えるからね。

貴方が行こうと考えている時間に見学すれば、混み具合が目視で分かるので、ぜひ見学時間を合わせてチェックしておこう。

またジム会員の属性(特に年齢層)は、時間帯によって変わってきます。

  • 開館~昼くらい:年配層
  • 朝~夕方:主婦層
  • 夕方~夜:社会人、学生層

周りの会員の環境が気になるなら、この辺も意識しておこう。

どの設備が充実しているか?

管理人ばら肉がオススメするのは、やはりフリーウエイトかな?

複数部位の筋肉を鍛えられるので、時間的な効率が良いから。

なので管理人の場合、見学の時はフリーウエイトの器具が何個置いてあるか?
という感じでチェックしていった。

1人分しかないと、ちょっと厳しい。
そのマシンを長時間占領する会員がいると、なかなか使えないから。
3人分もあれば、十分な方だろう。

もう少し別の視点で見ると、

  • マシンが比較的多い
  • スタジオが充実している
  • プールのコースが多い

という特徴も、店舗によって変わってくるので要チェック。

スタッフの対応

これはスタッフの基本的な接客態度ですね。

  • 挨拶などはしっかり出来ているか?
  • 分かりやすく説明してくれるか?
  • コチラの質問には答えてくれるか?

といった、ごくごく基本的な対応を見ておけばOK。

これが出来てないと、スタッフ全体的に教育が行き届いて居ない可能性があります。

付け加えるなら、対応してもらって貴方と相性良くやり取りができるか?
とかですね。

スタッフのガタイを見よう!

スタッフの肩書を見るのも良いけど、
なによりスタッフが良いガタイをしていれば、その人が質の良いトレーニング法を知っていて、実践できていることを身体で物語ってくれるワケだ。

貴方も良いガタイを目指すなら、ブヨンブヨンのスタッフに教わるよりも、明らかに正しい知識で貴方を成功に導いてくれる可能性が高いです。

会員の種類(特に大手ジム)

大手ジムには複数の会員種別があることが多く、月会費も変わってきます。

例えば…

毎日&終日利用可能かつ全店舗利用可能
(プレミアムフルタイム会員) 
13,000~20,000円前後
毎日&終日利用可能
(フルタイム会員) 
9,000~12,000円前後
平日のみ利用可能
(ウィークデー会員) 
7,000~10,000円前後
土日のみ利用可能
(ホリデー会員)  
5,000~8,000円前後
開館~夕方まで利用可能
(デイタイム会員) 
7,000~10,000円前後
夕方~閉館まで利用可能
(ナイト会員)  
5,000~8,000円前後

おおよそこんな感じ。
会員名はテキトウに付けた(笑)

全店舗利用会員はよほど複数店舗が地元にないと勿体無いので…
主に、フルタイムにするか、時間限定にするかですね。

個人的には、予算に余裕があるならフルタイムがオススメです。

やっぱり行きたいと思った時に行けるのは強みだからね。

ジム内の雰囲気

ここでの雰囲気というのは、他の会員の環境もだし、

  • 掛かっている音楽
  • 明るさ
  • 施設の開放感

といった施設としての環境も見ておきたい。

これから通うことになるのだから、不快な環境は極力避けたいもの。

細かいですが、このような環境の良し悪しもジム活を続けられるかどうか、変わってくるもんです。

個人用ロッカーある?

大手ジムには大体置かれていると思うけど…
個人用ロッカーって割と便利だったりしますよ。

特にですよ。
靴は荷物が嵩張るので、出来れば持ち歩きしたくない。

大手ジムの月契約ロッカーは、大体月1,000円前後で契約でき、
ずっと置きっ放しにしておいても大丈夫です。

室内用の靴を入れておくと、荷物が大分楽になります。

1日体験制度があるなら利用しよう

ここまでのチェック項目ですが、
やっぱり実際にジムを利用してみるとシックリ来るかどうかが分かりやすいです。

1日体験は大手ジムだと大体1,000円前後。
体験後、入会をすれば体験代はキャッシュバックされる店舗も多いです。

1日体験すれば、マシンの使い心地なども分かると思います。

ちなみに最近のマシンは、

  • 回数カウント機能
  • 経過時間

が付いていたりします。

自分で回数カウントしなくて済むし、掛ける時間を調整することで、負荷を調整しやすくもできますよ。


スポンサーリンク

コメント